ダイビング&シュノーケリング

海で目が沁みる原因って海水じゃないの、ご存じですか?

バリ島,ダイビング,シュノーケリング,海で目が沁みる,日焼け止め

海水ではほとんど沁みない

海を泳いでいて目に海水が入ると「痛い~」「染みる~」と思われがちですが、海水はほとんど目に沁みません。

塩水ですので、人によって多少の沁みを感じるかと思いますが、海水は人間の体の中の水分と成分も似ており、「痛みで目が開けられない・涙が止まらない」というような沁み方はしません。

意外と知られていない目が沁みる原因

考えられる原因は

  • 太陽と海からの照り返しなどで目が日焼けして、そこに海水が入るから
  • 海水が何かしら汚染されている

そして、最も多い原因が

  • 日焼け止めが溶けて目に入った

目が沁みて、しばらく涙が止まらず、痛くて目が明けられない原因のほとんどは、日焼け止めです。

海水浴や、ダイビング・シュノーケリングでも、日焼け防止の為に、日焼け止めをベッタリと塗っている方が多く、海に入る時にマスクと顔の密着部分の日焼け止めが 海水や汗で溶けて顔を流れ、目に入り、痛みが生じます。

どうすれば目に沁みない?

沁みないようにする一番の方法は、日焼け止めを塗らない事です。

長袖フード付きのラッシュガードやレギンス、手袋などで完全防護するなどすれば、かなり日焼けは食い止められます。
しかし、サーフィンなどのアクティビティですと動きにくくなるので 日焼け防護は限られてしまいますし、せっかくの海、これでは開放感がないですよね。

やはり、日焼け止めは必要な方もいらっしゃいます
顔の日焼けは防ぎにくいですし、紫外線はやはりお肌に良くはなく、中には肌が真っ赤になって痛くなりやすい方、皮が剥けてボロボロになりやすい方もいらっしゃいます。

しかし、日焼け止めを塗ったとしても、ウォータープルーフタイプの日焼け止めでも、海に入ると どうしても溶け落ちてしまいます。

塗る場合は、解決策の一つとして、厚塗りせず、薄塗りで、海から上がってきたら また塗り直すようにしましょう。
こうすれば、溶け落ちる量も少ないので、目に入りにくく、沁みにくいです。

陸では、なるべく日陰にいるようにしたり、帽子やラッシュガードなどを着ておくと良いですね(^^)/

日焼け止めを選びましょう

市販されている通常の日焼け止めの成分は、サンゴを殺します
目に入ると激痛が走るモノです、水中生物にいいモノではありません。
毎日、世界中で日焼け止めを塗ったすごい数の人間が海に入っています。

オーストラリアやハワイなどの一部の国、一部のエリアでは、日焼け止めの使用を法律で禁止しています。
日焼け止めの成分による自然破壊速度は、それくらい深刻なものになっています。

ですので、解決策のもう一つ、海に影響のない“オーガニック”の日焼け止めを是非お使いください。海に影響がない=ご自身の体にも影響がない、という事です。
自然にも優しく、ご自身のお肌・体にも優しく、しかも目に沁みにくい、良い事づくめです♪

まとめ

海で目が沁みる原因のほとんどは “日焼け止め” でした。
日焼け止めを塗る方の 目に沁みない解決策は、オーガニック製品を使い薄塗り海から上がってきたら軽く塗り直す、コレが大事です。
また、目の日焼けも原因の一つですので、UVカットのサングラスをかけるなどして 目を保護する事も忘れずに。

これで、更に快適なダイビング・シュノーケリングをお楽しみ頂けます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました