SSI各種ライセンスコース

バリ島,ダイビング,シュノーケリング,プロダイバー集団

安全に、わかりやすく、日本人インストラクターが各種コースを担当いたします。

くらげ村の各種ライセンスコースは

バリ島くらげ村が開催するライセンスコースは、世界各国で使う事が出来る SSI(ScubaSchoolsInternational) というダイビング指導団体の基準をベースに、私達のこれまでの経験を交えた内容で講習させて頂いておりますので、ただカードを取得するだけでなく、実際に海で使えるスキルや知識など、より実践的な事も同時に学んで頂ける内容になってます。
(SSIに関しましては、下記項目に記載しております。ご興味のある方は是非お読み下さい)

オープンウォーターダイバーコース

「いつかやってみたい」をバリ島で実現させませんか?
ダイバーになる為の登竜門ですが、ほんのちょっとの勇気と頑張りで、どなたでもダイビングを始める事が出来る、くらげ村のOWコースです!

アドヴァンスドオープンウォーターコース

スキルアップ・ランクアップにご興味おありですね?
くらげ村のADコースを受ける事で、より安全に、より楽しく、様々な環境で潜れるようになります!

プロフェッショナルコース

ヤル気、ありますか? 将来のお仕事にしたいですか?
海を見て、ゲストを見て、安全に楽しくご案内する“スローダイブ”を学べるバリ島くらげ村のプロフェッショナルコースです。

SSI (Scuba Schools International )

SSIは、国内外で通用するダイビングライセンス発行している世界有数の指導団体の一つです。
その認定基準の高さは他の団体をはるかにしのぎ、指導の品質の高さはお墨付きです。世界に2,400店以上の加盟店を持ち、110か国以上の地域でダイビングができるライセンスを発行しています。
(ダイビングライセンス指導団体サイトより引用)

インストラクターの質が高い

SSIは、ダイビングのライセンスやインストラクターについて、経験を非常に重視しています。それだけでなく、インストラクターとしての活動は加盟店への所属が必須となっています。

他の指導団体のインストラクターは、個人での指導団体に登録ができ 個人でインストラクター活動ができてしまう為、指導の質を監督する人がいません。本業の片手間に指導をする事も可能なんです。

ところがSSIは、まずショップがベースになっており、SSIインストラクターは必ずショップに所属しています。そのため、監督者から見て講習内容や品質が基準に違反していれば、そのインストラクターは指導を受けることになります。この制度によって、SSIのインストラクターは高い品質を保っています。
(ダイビングライセンス指導団体サイトより引用)

経験重視のライセンス

SSIは、ダイビングは経験を積み、それによってダイビングの快適さが増していくという考え方を持っています。その為、ライセンスの発行についても経験を重視しています。

他の指導団体と同じ「アドヴァンス」の資格であっても、SSIは24回以上のダイビング経験が必要になります。その上のレベルにランクアップするのも、段階を踏んでレベルアップしていきます。
一方、他の団体ではダイビング経験本数10本弱でも「アドヴァンス」の資格が取得できたり、いきなりプロレベルまでの受講が出来てしまいます。

資格取得に時間がかかるという面は、SSIのデメリットのひとつかもしれません。しかし、同じアドヴァンスでも SSIのライセンスの方が質が高い事で知られているので、ダイビングの世界ではSSIの方がグレードが高いと認識されているようです。

ですので、知識・スキルと経験、全てにおいてグレードの高いライセンスが取れるのがSSIのメリットのひとつです。

また、SSIの提供する指導カリキュラムは、国際標準規格であるISOに準拠した、非常に品質の高いものです。ISOを取得している指導団体は3つほどで、厳しい基準に適合した団体のみが取得できるものです。

「海外でもダイビングを楽しみたい!」というのは、ダイビングを楽しむ人の共通の目標だと思います。その点では、SSIのライセンスやカリキュラムは最適なものだと思います。
(ダイビングライセンス指導団体サイトより引用)

タイトルとURLをコピーしました